谷干城 伝

谷 干城(たに たてき)
天保8年2月12日(1837年3月18日) - 明治44年(1911年5月13日)

武士であり、軍人、政治家と、怒涛の時代を生きた土佐藩士です。
第2代学習院院長。官位は陸軍中将正二位勲一等子爵。

1837年、高知城下に土佐藩士・谷万七(まんしち)の第4子として生まれ、1859年、江戸に出て安井息軒の弟子となって学びました。その後、土佐に帰国して藩校・致道館で史学助教授となりました。このとき、武市半平太と知り合って友人となり、尊王攘夷運動に傾倒します。しかし1866年、藩命で長崎を視察したとき、ここで後藤象二郎や坂本龍馬と交わって、攘夷の不可なるを悟り、次第に倒幕へ傾いていったといわれています。

1867年には再び江戸に出て西郷隆盛と会い、薩土(薩摩藩と土佐藩)同盟を結んで討幕運動を目指しました。

1867年の大政奉還の翌年、1868年の戊辰戦争では、新政府軍の大軍監として北関東・会津戦線で活躍し、1870年には、藩少参事として藩政改革に尽力しました。翌年の廃藩後、兵部権大丞(ひょうぶごんのだいじょう)として新政府に出仕。1872年陸軍少将になり、翌年から暫くの間熊本鎮台司令官となります。

神風連の乱後、再び熊本鎮台司令官となりました。この人事は、祖先に山崎闇斎門下の大学者谷秦山をもち、その精神を叩き込まれている谷であれば西郷軍につくことはあるまいと見込まれてのものであったといわれています。

1877年、西南戦争が起こったときは52日にわたって西郷軍の攻撃から熊本城を死守し、政府軍の勝利に貢献し、その功績により陸軍中将に昇進。陸軍士官学校長・学習院院長を歴任しました。

その後、政治家に転身。

1885年伊藤内閣の初代農商務大臣に就任するが、閣内の国権派として伊藤内閣の欧化政策(当時の外相は井上馨)を批判し、条約改正問題で辞任しました。後に貴族院議員となり地租増徴に反対するなど独自の政治運動を展開した。国粋主義、農本主義的立場から、薩長藩閥とも板垣退助ら自由民権派とも異なる保守的な中正主義で、土佐派の重鎮として重きをなしました。

激動の時代を生き抜き、1911年、75歳で生涯を終えました。