沢村惣之丞 伝

沢村 惣之丞(さわむら そうのじょう)
天保14年(1843年) - 慶応4年1月25日(1868年2月18日)

幕末の土佐の人物。別名に沢村延世・前河内愛之助・関雄之助などがある。

土佐国土佐郡潮江村(現高知県高知市潮江)の浪人の子として生まれる。間崎哲馬に師事し、学問を学ぶ。その後土佐勤王党に加入。

1862年に吉村寅太郎と共に土佐藩を脱藩。武市半平太への現状報告のため一時帰国するが、その後坂本龍馬らと再び脱藩している。その後は坂本龍馬と行動を共にし、亀山社中、海援隊の中核として龍馬をよく補佐し、股肱となって活躍した。特に英語に長じ、海援隊では外人応接掛の重責を務めた。

1867年には坂本龍馬殺害事件の容疑者であった三浦休太郎の暗殺計画に参加するが、失敗に終わった。

翌年には維新の混乱から無人状態となった長崎奉行所に、沢村ら海援隊の人間が中心となって入居し、長崎の町を警備した。

慶応四年一月十四日、鳥羽伏見の戦いで幕府軍の敗北の報に接した長崎奉行・河津伊豆守は、奉行所を西役所から立山役所に移転するとの口実を設けて、ロシア船籍のアトリン号に乗船し、急遽長崎を退去した。

同日夜、こうした状況を察知した佐々木高行は、在崎の海援隊士を率いて長崎奉行所を占拠した。その際沢村惣之丞は、酒を帯びた暴漢を射殺したが、後にこれが友好関係にあった薩摩藩士・川端平助だったことが判明し、其の責を負うて慶応4年(1868年)切腹により他界。

享年二十六歳。