田内千鶴子 伝

田内 千鶴子(たうち ちずこ)
1912年-1968年

1911年に高知県高知市若松で生まれる。

朝鮮総督府官吏の父にしたがい、7歳のとき家族とともに木浦にわたる。

孤児養育施設の木浦共生園で奉仕活動をはじめ、1938年韓国木浦で尹致浩(ユン-チホ)と結婚、夫と共に、孤児救済のために共生園で働く。

朝鮮戦争で夫が行方不明になるも、孤児救済のために尽くし3000人の孤児を守り育てた。「韓国孤児の母」としたわれる。

1965年韓国文化勲章国民賞を受賞。

1968年韓国の木浦市で死去した。木浦市では市民葬を行い、3万人が出席した。